里山再生プロジェクト

joetargaの森スケッチ

「JoeTargaの森」は、淡路島の山間部にあります。小さな森ですが、そこには小さなため池や雑木林、竹林などがあります。ご多分にもれず森の資源を利用する機会もへり、少々荒れ始めていました。
オートキャンプや山歩きを楽しんでいるうちに、この身近な里山をなんとか面白い空間にしてみたいと考えるようになりました。なぜ「JoeTargaの森」と呼ぶかは秘密です。(笑)深い意味はありません。
幸いに、この森は私の実家の所有地であり、自由にしてよいとの許可がでました。さあ。これから我が息子といっしょに里山へはいり、少しずつ手をいれていきたいと思います。どうなることやら...
里山再生と「景観大好きWebSite」がどう結びつくのか?密接に関係しているようで、私もはっきりとしたコンセプトがあるわけではありません。でもなんとなく里山再生から始めるのが一番近道なような気がします。

(引用)ガーデニングに託す人々の思いの中には、「がんじがらめの消費経済から逃れたい」という、徒労感に似た、切実な願いが潜んでいるように感じられます。
これから多くの人の心は「田園」に向かうと思うのです。

BE-PAL第235号白井隆&温紀の庭の旅より

里山再生に関わるキーワード

ビオトープ
ビオはBIOの独語読みで、生物を意味する。トープは場所を意味する言葉で、ビオトープは「生物の場」ということになります。ビオトープのより実際的な定義としては、「自然生態系の場」としてもよい。
自然環境復元の場が欧米では広くビオトープと呼ばれている。
ドイツ語でBIOTOP、英語でBIOTOPEと綴る。

ビオガーデン
「ビオトープ」的庭園
伝統的農村環境
自然と農村との共存型のビオトープの一つ。現在日本で作られているビオトープのモデルは伝統的農村である。
野生生物
ビオトープは完全に野生生物の利益のみを想定したもので、人間の利用面は考えない。それに対し、ビオガーデンは有害な生物を含まない。

ビオコリドー
生態的回廊。生き物が山村から農村、都市郊外、都心へと移動する通路。
エンカウンタースペース
鳥や昆虫との出会いの機会を高める仕掛け。施設自体が生き物の生息する場となる。
エコトーン
水界と陸界、平地と山地、草原と森林など、二つ以上の異なる自然環境の接する場所。たくさんの生物の生息するビオトープを実現するためには、エコトーンをたくさん作り出すようにゾーニングの工夫をする。
参考文献
野生を呼び戻すビオガーデン入門 農文協
ビオトープ教育入門 山田辰美 編著 農文協
作りたい施設
浮き島 堆肥場 朽ち木積み
管理内容
下草刈り
下刈りは5、6年に1回をめやすに樹林内をいくつかに区分して年をずらして行うと多様な植物を維持できる。また林内を散策出来る程度に維持したい場合は毎年冬に1回下刈りする。下刈りは野鳥などが巣作りをして繁殖する春から初夏は避け、冬季に行うようにする。
落ち葉掃き
冬場に毎年落ち葉を掃いて、堆肥にする。すると林床にはカタクリなどの植物やキノコが生える。
枝打ち・間伐

 里山再生に関するブログ記事